アルファード 中古車

MENU

アルファードの中古車を購入する時あなたならどうするでしょう?

近くの中古車センターを見て回る

近くの中古車屋さんや中古車センターを見て回るとアルファードにすら出会えるかわかりません。

 

アルファードは超人気車ですからあるのはあるのでしょうけどあなたが希望する色、グレード、排気量、オプションの仕様のアルファードに出会えることは99%ないでしょう。

中古車雑誌を見ていいものを探す

カーセンサーやGoo等の雑誌を買って見ると沢山の車が載っています。アルファードも沢山あるでしょう。しかし実際に見に行ける範囲は限られていますし、カーセンサーやGooがその車の品質を保証してくれる訳でもないのです。

 

私も昔自分の希望する車を見つけて遠くまで見に行ったのですが、なんか写真とは違っていたのでわざわざ遠くまで行ってがっかりして帰ってきたことを覚えています。

友達から買う

これが一番安い購入方法でしょうが品質の保証がありません。

 

万が一気に入らないことがあっても泣き寝入りするか友達関係を壊してまで保証を請求するかになり兼ねないので大人なら避けたほうがいいでしょう。

中古車センターや中古車雑誌で自分の希望するアルファードが見付かったら?

町の中古車屋さんや中古車センターの利益はカーディーラーとは違って中古車販売のみが利益の対象になります。したがって、中古車屋さんや中古車センターの土地代・人件費等が全て中古車価格に上乗せされているのです。

 

人通りの少ない所に店を構えていても仕方がないので人通りの多い所に中古車屋は存在しています。そして大きな車の在庫を抱える土地の広さは半端ではありません。

 

更に小さな中古車屋さんで5台程、大きな中古車センターで12台程の月間で売れる中古車に、小さな中古車屋さんで3人程、大きな中古車センターで6人程の人件費も上乗せされているのです。

 

この現実が分かった時に土地代の掛からない所で販売台数に対して従業員が少ない所が一番安く購入できると確信したのです。

 

希望する色、グレード、排気量、オプションの仕様のアルファードに出会える品揃えとこの安く買える条件を満たした所はどこ?

 

それはあの中古車買取専門のガリバーの中古車提案サービスです。

 

ガリバーの中古車提案サービスであなたの希望するアルファードが安く買える理由

ガリバーは元々買い取り専門で買い取った中古車を、中古車センターや中古車屋さんやブローカーにオークション形式により提供することで利益を上げてきました。

 

中古車提案サービスでは中古車の販売業者に売っている中古車をインターネットで個人に提供してくれるサービスなのです。

 

これにより個人の購入者でも業販に近い価格でアルファードを購入することができるのです。

 

アルファードの色、グレード、排気量、オプションの仕様についてもガリバーの中古車提案サービスなら問題ありません。

 

常時6,000台の在庫の中からあなたの希望するアルファードを見つけてくれますし、もし希望するアルファードがなくても毎日の500台の入荷の中から希望のアルファードが入り次第連絡をくれるシステムでサポートしてくれます。

 

アルファードの中古車を買うなら以上の理由でガリバーの中古車提案サービスで購入するのが賢い買い方です。


 

ネットで車を購入するのはちょっと不安なのですが・・・

大丈夫です。ガリバーの中古車提案サービスでは車の細部までしっかり画像でチェックできます。

 

しかも中古車の目利きのプロ=中古車センターや中古車屋さんやブローカーに卸すのが本来の仕事ですからしっかりプロの整備士によりメンテナンスされています。

 

素人相手の中古車センターや中古車屋さんやブローカーの整備よりよっぽどしっかり整備されています。

 

購入前の案内もオペレーターがしっかりしてくれますし、購入後6ヶ月〜最長36ヶ月の保証も付いてきますので安心です。

 

万が一どうしても納得いかない場合には返金にも応じてくれます。返金条件は以下のとおりです。

 

アルファード豆知識

アルファードはヴェルファイアに先駆け2002年に初代がデビューし、欧州で商用車としても販売していたグランビア・グランドハイエースと完全に分類されて日本国内専用かつ乗用車専用としたことで基本構成が大きく変わりました。

 

プラットフォームは2代目エスティマのものを流用、さらにアイポイントを上げ、車体剛性も高めました。

 

FRであったグランビア(グランドハイエース)・レジアス(ツーリングハイエース)とは異なり、横置きエンジンによるFFが基本となりました。

 

また、この車体寸法と車両総重量ながら4WDを含む全グレードのサスペンションに、FFコンパクトカーなどで一般的なフロントマクファーソンストラット・リアトーションビームを採用している点も他社製上級ミニバンに見られない特徴なんです。

 

乗車定員は2列目の仕様の違いにより7名あるいは8名で、全てのグレードで4WDモデルを選ぶことが可能になりました。

 

2008年に二代目を発売し、乗車定員は先代に引き続き7人乗りと8人乗りが用意されるが、前車はキャプテンシートとなって更に「350G Lパッケージ」と「350S Cパッケージ」にはエグゼクティブパワーシートと呼ばれる上級仕様のキャプテンシートが備わりました。

 

 

アルーファードの販売台数は兄弟車のヴェルファイアの発表をもって落ち込んだが結果的に兄弟合わせて販売台数を伸ばす事になる。

 

トヨタの狙いはそこだったんだろうがヴェルファイア 中古車とアルファードの中古車でも同じような事が起きている。

 

しかし広さの違うウィッシュ 中古車とのかぶりはなさそうだ。

 

エコカー補助金が長続きしているが駆け込み重要がイマイチでヴィッツ 中古車の販売も落ち込んでいる。

2012/10/16 20:30:16 |
高級ミニバンの中では、比較的落ち着いた雰囲気のアルファードですが、大人のイメージを醸し出すような高級感のある車です。兄弟車種のヴェルファイヤに比べると、どの年代にも好まれるようなデザインになっていると思います。車体も大きいので、室内も広く高級感のある作りになっています。ドライブする人も、助手席、後部...
2012/07/13 19:33:13 |
※ ご連絡はメールにてお願いいたします。